日本酒に合う酒器

おうちで一杯

「器 日本酒」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@ki46_ho3tan 話しか聞いた事ないですが無害では、ありませんよ。タバコの煙が半分なので、副流煙で呼吸系の弱い人には 危険です。それに他の匂いや香りに誤魔化されているだけでタバコです。 日本酒に水を混ぜて薄くしているのと同じだと思います。

本当にそう。 酒は人類の叡智の結集だと思うけど、日本酒ほど楽しませてくれる酒はないと思います。偏見かもしれないけど。 温度、時間の経過、によって様々な表情を見せる日本酒こそ真のl'or de vie(酔っ払いw

のどぐろが安かったので塩焼きで日本酒と共に手作りのにて! #のどぐろ #萩乃露 #陶芸 instagram.com/p/CA5JUMuDyULi…

14.RIEDEL 純米グラス 純米クラス以上で香りが良い日本酒飲む時に利用する。 吟醸香がよく香るような形をしている(気がする)。のおかげで飲み口が良くなる(気がする)。 amzn.to/2TY2O3H

世田谷区下馬の日本酒バルにて、いっぱい目のグレンフィディックハイボール。横浜のバーで修行していた店主の氷なしハイボール最高。グラスと料理とが好みすぎるお店です。 #日本酒 #ウィスキー #グレンフィディック #ハイボール #酒杯ぎんのとら pic.twitter.com/iHDbZl9m8v

返信先:@deeppatte 店主は、開店直後でも変えたくなくて、温度を実際測ったりしたらしいんですが、変わらなかったそうです。ただ、冷め方の違いはあった模様。 広口の方は、結局通常メニューから外し、夏限定メニューの使用になりました。 こう、日本酒のお猪口と同じだと思います。

TwitterI LOVE MIRIN(味醂が好きなんだ)@ilovemirin

返信 リツイート 昨日 0:32

ちょっと笑ったのはガス漏れ検知交換に来られた方に「いい酒飲んでますね、日本酒やウィスキー好きなんですね」て言われたんだけど、日本酒に関しては友人が残していったものだからワイの趣味じゃないんよなww

もしかして加湿日本酒入れて加湿したら幸せな蒸気でいっぱいになるのでは?

Twitterけらとさうるす(照り焼き@keratosaurusu

返信 リツイート 5/31(日) 22:52

越生の陶房に行ってを購入。 直販所でズッキーニとわさび菜と梅を買って帰宅。 苔玉を作った。 梅は梅酢にした。 シラスとネギとわさび菜のピザは日本酒、ズッキーニのピザはチリの白ワインと。 明日から出社か。 pic.twitter.com/42gT7Ed0RM

RT @yutakaloveway: 一般に覚醒剤犯罪には注射を使って缶ビールやワンカップなどに注入して飲ませる場合、あるいは金魚(醤油入れ)を使って酒やコーヒーなどに落とし込むこともある。日本酒などは覚醒剤を入れても味が分からないので、悪質な犯罪には使われているという。 I…

吟味した酒器で飲んでこそ日本酒のおいしさが出る

酒器選びには日本酒の味わいをさらに上質にしてくれるポイントがいくつかあり、一つ目は酒を空気にどう触れさせるかということです。
酒は酸素に触れると香気成分が活性化して香りが広がりやすい反面、酸化も起こります。
新酒の場合は空気に触れさせたほうが飲み口が丸くなりますし、新酒に限らず、いろいろな酒を表面積の大きい盃や片口に移すと味わいがかわるのです。
二つ目は日本酒の色調と器の素材や色との調和を考えることがあげられます。
黄金色の酒を透明なグラスに注げば輝きが増しますし、にごり酒を黒などの色の暗いものに注げば酒の白さとの対比を楽しむことができるのです。
三つ目は、その日本酒の香りを考えることで、器の形状は香りの強さと印象をかえます。
香りを閉じ込めるうりざね型や風船型、香りがすっきりと立つラッパ型や円筒型、香りがほとんど感じられない平皿型などがあるのです。
そして四つ目は飲用温度でサイズや素材を決めます。
例えば冷酒は温度が下がらないうちに注げる小ぶりのものや磁気、ガラスという具合に選んでいくのです。

日本酒のタイプに合わせた酒器

日本酒にはそのタイプにあわせてよく合う酒器というものがあるのです。
古酒や秘蔵酒など練れた香りと豊潤な味わいの熟酒には、カットの入ったグラスや内側が金塗りの漆器などで黄金色の美しい色調を楽しみます。
凝縮間のある香りを生かすのであれば小ぶりのブランデーグラスを使用することもあるのです。
純米酒などふくよかな香りでコクのある醇酒には、最も日本酒らしい米のうま味がひきたつように、燗にするなら和の焼き物などにし、辛口の冷酒ならシャープな磁器製などもよく、雰囲気を演出するのが大事とされています。
また、大吟醸酒や吟醸酒など華やかな香りとさわやかな味わいのする薫酒は、最大のポイントは香りを生かすことです。
口が広がったラッパ形状かワイングラスのように香りがわずかに中にこもるタイプがふさわしくなっています。
生酒や本醸造酒など清楚な香りと軽快な味わいの爽酒は冷酒にして飲むことが多いので、小さ目な盃で温度の上がりにくい素材を選び、清潔感のある装飾で演出するものなどを選ぶことで特長をいかすことができるのです。

注目サイト


ベビーベッド レンタル


Last update:2019/9/5